Imagine a world where individuals with disabilities weren’t excluded from events. 
Picture a future where the only thing that’s “impossible” are your own limits.
It’s time to make the impossible possible!

障害の有無に関わらずみんなが不自由なく過ごせる世界を想像してみよう。
「できない」を決めるのは自分の限界だけ。
不可能を可能にするその思いを実現する時が来た!

言語アクセシビリティ(Language accessibility)

各種イベント・オリエテーション:日英同時通訳、日英字幕、日本手話、イスラエル手話(Events and orientation: Japanese-English simultaneous interpretation, Japanese & English captions, Japanese & Hebrew sign languages)

・ハッカソンは言語に関して手厚い支援体制を整えております。詳細はお問い合わせください。(Hackathon teamwork: Language support provided to minimize communication concerns. Please contact us for more details.)

The I'M-POSSIBLE Hackathon establishes its special community, the Japan-Israel Makers Community,  where talent from Japan and Israel connect and realize I’M-POSSIBLE for pressing everyday problems faced by people with disabilities. The Community serves as an online communication platform not only for participants to communicate in their teams, but also assistive technologies and services experts and other relevant professionals will come alongside and support teams to create new solutions together.

By joining our Japan-Israel Makers Community, you’ll meet like-minded people and form teams, play an invaluable role as a team member and support the creative process for the Hackathon by sharing your knowledge with others on our online platform. Build your team, flaunt your talents, and leave your team’s final project submission in the hands of our judges. The most outstanding submissions will be awarded at the end of it all, giving you the praise you deserve for your exceptional talents!

Regardless of having disabilities, profession or skills, anyone who wants to contribute to assist people with disabilities can participate. We want to hear a solution you envision for the challenges in the Hackathon’s tracks.

【TRACKS ~ 7 challenges to compete 】

  1. Sports & Fitness
  2. Staying Informed
  3. Daily Life
  4. Travel & Mobility
  5. Connecting the World
  6. Youth & Kids
  7. Employment (Sponsored Track)

So, why not join us in the I’M-POSSIBLE Hackathon?

 

I'M-POSSIBLEハッカソンでは、日本とイスラエルをつなぎ「I’M-POSSIBLE」を実現する人々が集うグローバルコミュニティー「Japan-Israel Makers Community」を開設します。このコミュニティーは、参加者のコミュニケーションの場であると共に、障害者支援の専門家や関連する分野のプロフェッショナルがメンターとして各チームをサポートし、共に新しいソリューションを創り出すオンラインプラットフォームです。

Japan-Israel Makers Communityに参加すると、志を共にする仲間と出会いチームを組みます。そして、各チームのメンバーがそれぞれの才能を用いたアイデアを共有し、プロジェクト制作のクリエイティブプロセスに参画し、貴重な役割を果たします。チームで作り上げたプロジェクトはI’M-POSSIBLEハッカソンのオンラインプラットフォームで審査員により評価され、優秀プロジェクトには素晴らしい才能にふさわしいアワードが待っています!

障害の有無や、職種・スキルは問いません。障害者支援をしたい!という志を持った人が誰でも参加できます。ハッカソントラックにある課題に対して、あなたの描くソリューションを提案してください。

【TRACKS ~ ハッカソンで競う7つの課題 】

  1. スポーツとフィットネス
  2. 情報へのアクセス(情報保障)
  3. 日々の生活
  4. 移動手段と可動性
  5. 人とのつながり
  6. 若者と子供
  7. 雇用(スポンサード課題)

あなたもI’M-POSSIBLEハッカソンに参加しませんか?

  Activities

August

8月

The Hackathon registration opens  (Sing up on the online platform Devpost)

ハッカソン参加登録開始(オンラインプラットフォーム Devpost にて参加登録)

Sept 5 (Su)

9月5日(日)

Kickoff Event & Orientation

Kickoff Event Program

09:00〜11:00 (Israel Time) / 15:00〜17:00 (Japan Time) ZOOM開催

開会式 & 参加者オリエンテーション

開会式プログラム

09:00〜11:00(イスラエル時間)/ 15:00〜17:00(日本時間)ZOOM開催

日英同時通訳、日英字幕、日本手話、イスラエル手話

Sept 1 Oct 8

9月1日〜10月8日

Team building and design your team’s project & produce a presentation video (Online mentoring and lectures are provided to help teams develop project ideas.)

チームビルディング、チームでプロジェクト考案&プレゼンテーションビデオ制作(メンタリング・レクチャーによるオンラインサポートでプロジェクトアイデアを練りこみます)

*日英翻訳サポートあり

Oct 8 (F)

10月8日(金)

Milestone Event & Submission Deadline

12:00 (Israel Time) / 18:00 (Japan Time) 60 min Zoom・Live stream

ハッカソンプロジェクト提出締切 & マイルストーンセレモニー

12:00(イスラエル時間)/18:00(日本時間) 60分 Zoom・ライブ配信

Oct 9 (Sa)

10月9日(土)

Mentors review

メンターによるレビュー

Oct 10 (Su)

10月10日(日)

Judging, Award Announcement & Closing Event  

12:00 (Israel Time) / 18:00 (Japan Time) 2-3 hours zoom・live stream

*Don't miss the excellent project video viewing (30 min) before the Award and Closing Event.

審査・アワード発表 & 閉会式

12:00(イスラエル時間)/18:00(日本時間)2~3時間 Zoom・ライブ配信

*アワード発表&閉会式前の30分、優秀作品を公開予定。ご視聴ください!

Our initiative aims to eventually create an investment fund to support start-ups and SMEs (Small and Medium Enterprises) to help them build upon their inclusive activities that include ALL people - with disabilities or not.

本取り組みでは、最終ゴールとしてスタートアップ企業や中小企業が、障害の有無にかかわらず誰でも参加できるインクルーシブな事業を築いていけるように支援する投資ファンドの設立を目指しています。

Hackathon Sponsors

Prizes

$37,800 in prizes

1st Place 第1位

$5,000 to develop your service even further!
$5,000の資金でプロジェクトの開発を継続!

+An unique opportunity to present your team’s winning ideas at the 2022 Zero Project Conference (February 23rd - 25th, 2022). This will also provide a promising pathway to the next Impact Transfer Programme that aims to replicate and scale solutions to continue breaking barriers for people with disabilities.
*Sponsor: Zero Project (https://zeroproject.org/ )

+Zero Projectの表彰式(2022年2月23日〜25日)において、受賞アイディアをプレゼンテーションする機会と、Zero Projectの実施するアクセラレーションプログラム”Impact Transfer Programme”に挑戦する機会
*スポンサー:Zero Project - 国際的に著名な障害者アクセシビリティーに関して表彰するカンファレンスを毎年開催。
https://zeroproject.org/

+Hackautism's pre-acceleration program & community membership*
(Please see prize details under "Hackautism: Top Winning Teams")
+ハックオーティズム プレアクセラレーションプログラムとコミュニティーメンバシップ*
(詳細は「Hackautism: Top Winning Teams ハックオーティズム: 上位受賞チーム」をご覧ください)

2nd Place 第2位

$3000 to further develop the winning project
$3000の受賞プロジェクト開発継続資金

+$500 Amazon Gift cards
+500ドル相当のAmazonギフトカード

+Hackautism's pre-acceleration program & community membership*
(Please see prize details under "Hackautism: Top Winning Teams")
+ハックオーティズム プレアクセラレーションプログラムとコミュニティーメンバシップ*
(詳細は「Hackautism: Top Winning Teams ハックオーティズム: 上位受賞チーム」をご覧ください)

3rd Place 第3位

+$2000 to further develop the winning project
+$2000の受賞プロジェクト開発継続資金

+$300 Amazon Gift cards
+300ドル相当のAmazonギフトカード

+Hackautism's pre-acceleration program & community membership*
(Please see prize details under "Hackautism: Top Winning Teams")
+ハックオーティズム プレアクセラレーションプログラムとコミュニティーメンバシップ*
(詳細は「Hackautism: Top Winning Teams ハックオーティズム: 上位受賞チーム」をご覧ください)

4th Place 4位 (2)

$1000 to further develop the winning project
$1000の受賞プロジェクト開発継続資金

+Hackautism's pre-acceleration program & community membership*
(Please see prize details under "Hackautism: Top Winning Teams")
+ハックオーティズム プレアクセラレーションプログラムとコミュニティーメンバシップ*
(詳細は「Hackautism: Top Winning Teams ハックオーティズム: 上位受賞チーム」をご覧ください)

Hackautism: Top Winning Teams ハックオーティズム: 上位受賞チーム (5)

Hackautism’s 3-month pre-acceleration program and community membership, worth $ 5,000 per venture!

*Sponsor: Hackautism (https://www.hackautism.org/) is an Ecosystem of entrepreneurship, innovation and technology focusing on Autism. Founded in Israel with the goal of improving quality of life for people with Autism and their families.

ハックオーティズムの提供する3ヶ月プレ・アクセラレーションプログラムとコミュニティーメンバーシップ - 1チームにつき約50万円相当!

*スポンサー:ハックオーティズム( https://www.hackautism.org/ )は、自閉症にフォーカスした起業・イノベーション・テクノロジーエコシステム。自閉症とその家族のQOL向上をゴールに掲げイスラエルに設立。

Shekulo Tov Special Award: Employment シェクロ・トヴ特別賞(課題: 雇用)

Free online course by the sponsor, "Introduction to IUM: Innovation in Rehabilitation" (Up to 12 members).
+ (To be announced)

・Sponsor: Shekulo Tov Group
(Israeli NPO providing vocational rehabilitation services to people with severe disabilities.)
・Course info: https://iumodel.org/our-programs/introduction/

スポンサーの提供する「IUM入門: リハビリテーションのイノベーション」オンラインコース参加資格(受賞チームから12人まで)
+ (後日発表)

・スポンサー: シェクロ・トヴ グループ
(重度の障害者へ職業リハビリテーションサービス提供するイスラエルにある非営利団体)
・コース情報: https://iumodel.org/our-programs/introduction/

Devpost Achievements

Submitting to this hackathon could earn you:

Requirements

  • Each team must submit a 3 min presentation video of its project in order to compete for the prizes.
  • Each team must have at least one Israeli or Japanese member.
  • 各チームは3分間のプロジェクトプレゼンテーションビデオを提出して賞を競います。
  • 各チーム少なくとも1名はイスラエル人か日本人がメンバーであること。

Judges

Dr Refael Barkan ラフィエル・バルカン

Dr Refael Barkan ラフィエル・バルカン
VP for International Innovation & Entrepreneurship, Holon Institute of Technology ホロン工科大学副学長(国際イノベーション・アントレプレナーシップ担当)

Pascale Bercovitch パスカル・ベルコビッチ

Pascale Bercovitch パスカル・ベルコビッチ
Israeli Athlete for 2020 Tokyo Paralympic Games 2020東京パラリンピックイスラエル代表選手

Lihi Lapid リヒ・ラピード

Lihi Lapid リヒ・ラピード
Writer, mother, social activist and wife of the Israeli Foreign Minister 作家・母・社会運動家・イスラエル国外務大臣夫人 (Photo credit: Jenifer Bokobza)

Ayako Hirai 平井 綾子

Ayako Hirai 平井 綾子
DNP Business Partners Co., Ltd. 株式会社DNPビジネスパートナーズ

Hiroya Igarashi 五十嵐 浩也

Hiroya Igarashi 五十嵐 浩也
Specially Appointed Professor, University of Tsukuba 筑波大学 特命教授

Dr. Lihi Mansano  リヒ・マンサノ

Dr. Lihi Mansano リヒ・マンサノ
Pediatric Physical Medicine and Rehabilitation Physician, Loewenstein Rehabilitation Medical Center ローウェンスタイン・リハビリテーション病院 小児理学療法兼リハビリテーション医師

Koichi Mori  毛利 公一

Koichi Mori 毛利 公一
Representative Director, Moris Inc. 株式会社モーリス 代表

Yasuharu Sasaki  佐々木 康晴

Yasuharu Sasaki 佐々木 康晴
Creative Director, Dentsu Inc. 株式会社 電通 クリエイティブディレクター

Chika Sekine 関根 千佳

Chika Sekine 関根 千佳
CEO & Senior Fellow of UDIT Inc. / Visiting Professor of Doshisha University 株式会社ユーディット会長兼シニアフェロー・同志社大学客員教授

Dr. Kenji Takeda 武田 健二

Dr. Kenji Takeda 武田 健二
CTO, Corundum Innovation Co., Ltd. コランダム・イノベーション株式会社 取締役CTO

Rimon Tubin リモン・テュビン

Rimon Tubin リモン・テュビン
Founder, Dreamer and Performer of Hackautism ハックオーティズム 創設者・ドリーマー・パフォーマー

Yuval Wagner ユヴァル・ワグナー

Yuval Wagner ユヴァル・ワグナー
Chairperson, Access Israel NPO アクセス イスラエル 会長

Kentaro Yoshifuji 吉藤 健太朗

Kentaro Yoshifuji 吉藤 健太朗
Co-founder CEO, Ory Laboratory Co., Ltd. 株式会社 オリィ研究所 代表

Ichiro Kabasawa 樺沢 一朗

Ichiro Kabasawa 樺沢 一朗
Executive Director, The Nippon Foundation 日本財団常務理事

Judging Criteria

  • Creativity
  • Innovation
  • Ethical Considerations
  • Social Impact
  • Design & Implementation
  • Practical Viability
  • Technical Complexity
  • 【 審査基準 】
  • 独創性
  • イノベーション
  • 倫理的配慮
  • 社会的影響
  • 設計・実装
  • 実用化の可能性
  • 技術的難易度

Questions? Email the hackathon manager

Tell your friends

Hackathon sponsors

Organizers
Co-Organizers
Supporters

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.